Le domaine - DOMAINE BELLAND ROGER

Go to content

Main menu:

Le domaine

ロジュ・ベラン(Roger BELLAND)氏はドメーヌ・ベランワインの第5世代に当たります。

ブドウ園は23ヘクタールを上回って広がり、主にマランジェ(Maranges)、サントネ(Santenay)、シャサーニュ・モントラッシェ(Chassange-Montrachet)、ピュリニー・モントラッシェ(Puligny-Montrachet)、ムルソー(Meursault)、ヴォルネイ(Volnay)とポマール(Pommard)といったプルミエ(PREMIERS)とグラン・クリュ(GRANDS CRUS)と呼ばれる一級畑と特級畑が存在します。



ドメーヌ・ロジュ・ベランの特徴

春には、若葉を取り除きながらブドウを実らせる主要な枝を選びます。そうすることで、各種ワインを造るために必要なブドウ量を育てることが可能となり、更には苗木に対して良い空気を送ることが出来ます。これらの方法を用いることで、たいてい、房を間伐する等の極端な方法を行う必要がなくなります。

ブドウの苗木の間にある小道は選ばれた草が作付けされています。

この方法は化学薬品の使用を避け、土の中にいる微生物の活動を促進させることで土壌にはやさしく、また自然に一定の収穫を得ることが出来ます。
収穫と仕分けはブドウ園の中で非常に厳格な方法で行われます

ドメーヌ・ロジュ・ベランの近代的なワイン醸造所は低温マセレーションの様々な段階と発酵温度を的確に調整することが出来ます。
熟成期間は10ヶ月に渡り、一部は新しい樽で、その他は2年物のオーク材の樽の中で実施されます。
ドメーヌ・ロジュ・ベランの近代的なワイン醸造所は低温マセレーションの様々な段階と発酵温度を的確に調整することが出来ます。
熟成期間は10ヶ月に渡り、一部は新しい樽で、その他は2年物のオーク材の樽の中で実施されます。
瓶詰めは本ドメーヌにてのみ行われます。
Back to content | Back to main menu